過去ログから投資情報を分析する

実質金利 | アメリカ

-0.72( ± 0 / ± 0% )

実質金利の過去推移

日付 前日比 前日比(%)
2020年02月14日(金) -0.72 0 0
2020年02月13日(木) -0.72 0 0
2020年02月12日(水) -0.72 0 0
2020年02月11日(火) -0.72 0 0
2020年02月10日(月) -0.72 0 0
2020年02月07日(金) -0.72 -0.01 1.4084507
2020年02月06日(木) -0.71 0 0
2020年02月05日(水) -0.71 0 0
2020年02月04日(火) -0.71 0 0
2020年02月03日(月) -0.71 0 0
2020年01月31日(金) -0.71 -0.01 1.4285714
2020年01月30日(木) -0.7 0.05 -6.6666666
2020年01月29日(水) -0.75 0 0
2020年01月28日(火) -0.75 0 0
2020年01月27日(月) -0.75 0 0
2020年01月24日(金) -0.75 0 0
2020年01月23日(木) -0.75 0 0
2020年01月22日(水) -0.75 0 0
2020年01月21日(火) -0.75 0 0
2020年01月17日(金) -0.75 0.01 -1.3157894
2020年01月16日(木) -0.76 0 0
2020年01月15日(水) -0.76 -0.2 35.7142857
2020年01月14日(火) -0.56 0 0
取得日時
2020年02月17日 00:00(現地時間)

実質金利の計算式

実質金利=名目金利ー予想インフレ率

実質金利とは

名目金利から予想インフレ率を差し引いたもの。インフレ によって貨幣価値が低下する場合、名目利子率は実質利子率と期待インフレ率を合算したものに一致する必要があるという考え方に基づく。
アメリカの経済学者、アーヴィング・フィッシャーが提唱したことから、物価上昇から生じるインフレ期待が名目利子率に織り込まれる効果のことをフィッシャー効果と呼ぶ。

実質金利の注意事項

名目金利には、各国の政策金利(短期金利)を利用。

予想インフレ率には、各国から発表された直近のインフレ率(物価上昇率)を利用。

他国の実質金利

前日比(額) 前日比(%) 日時
実質金利 -1.3 0 0 2020/02/14
実質金利 -0.311 -0.003 -0.9740259 2020/02/14
実質金利 1.55 0 0 2020/02/17

実質金利の相関指標

前日比(額) 前日比(%) 日時
政策金利 1.58 0 0 2020/02/13

実質金利の過去チャート