過去ログから投資情報を分析する

長短金利差(国債1年 × 国債3年) | アメリカ

-0.13( -0.02 / -18.1818181% )

長短金利差(国債1年 × 国債3年)の過去推移

日付 前日比 前日比(%)
2020年02月21日(金) -0.13 -0.02 -18.1818181
2020年02月20日(木) -0.11 -0.03 -37.5
2020年02月19日(水) -0.08 0.02 20
2020年02月18日(火) -0.1 -0.01 -11.1111111
2020年02月14日(金) -0.09 -0.03 -50
2020年02月13日(木) -0.06 0.01 14.2857142
2020年02月12日(水) -0.07 0.02 22.2222222
2020年02月11日(火) -0.09 0 0
2020年02月10日(月) -0.09 0.01 10
2020年02月07日(金) -0.1 -0.02 -25
2020年02月06日(木) -0.08 -0.02 -33.3333333
2020年02月05日(水) -0.06 0.02 25
2020年02月04日(火) -0.08 0.04 33.3333333
2020年02月03日(月) -0.12 0.03 20
2020年01月31日(金) -0.15 -0.04 -36.3636363
2020年01月30日(木) -0.11 0.01 8.3333333
2020年01月29日(水) -0.12 -0.04 -50
2020年01月28日(火) -0.08 0.04 33.3333333
2020年01月27日(月) -0.12 -0.05 -71.4285714
取得日時
2020年02月23日 00:00(現地時間)

長短金利差(国債1年 × 国債3年)の計算式

長短金利差 = 長期利回り-短期利回り

長短金利差(国債1年 × 国債3年)とは

各債券の利回り差。景気拡大局面では残存期間が長期の債券ほど、金利が高くなる。一方、景気減速局面では、残存期間が長期の債券の方が短期の債券よりも金利が低くなる事がある。これを逆イールドといい、景気後退のサインとして注目される。

他国の国債1年 × 国債3年の長短金利差

前日比(額) 前日比(%) 日時
国債1年 × 国債3年 -0.038677498 +0.000966964 +2.4390886 2020/02/19
国債1年 × 国債3年 -0.011 +0.002 +15.3846153 2020/02/20
国債1年 × 国債3年 0.48 -0.02 -4 2020/02/20

国債1年 × 国債3年の相関指標

前日比(額) 前日比(%) 日時
国債1年 1.46 -0.01 -0.6802721 2020/02/20
国債3年 1.35 -0.04 -2.8776978 2020/02/20

国債1年 × 国債3年の過去チャート