ドルインデックス

ドルインデックス(Dollar Index)は、インターコンチネンタル取引所(ICE)のドルインデックス。6通貨の加重平均でリアルタイムに算出。 対象通貨(加重平均比率)は、 ユーロ(57.6%) 日本円(13.6%) スターリング・ポンド(11.9%) カナダドル(9.1%) スウェーデン・クローナ(4.2%) スイス・フラン(3.6%)

ドルインデックス

×

ドル名目為替レート

($)
用語説明
名目実効為替レートは、ドルの相対的な実力を測るための総合的な指標。相手国・地域の貿易額で加重平均して算出したもの。公表期間:日次
2021.02.26

ドルインデックス

×

ドル実質実効為替レート

($)
計算式
ドル実質実効為替レート=名目実効為替レートーインフレ率)
用語説明
実質実効為替レートは、相手国・地域の貿易額で加重平均して算出した名目実効為替レートから物価変動分を除いたもの。ドルの相対的な実力を測るための総合的な指標。公表期間:月次
2021.02.26

ドルインデックス

×

日本円/米ドル

($)
用語説明
日本円/米ドルは、円建て米ドルの為替レート。
2021.02.26

ドルインデックス

×

米消費者物価

用語説明
米・消費者物価指数(Consumer Price Index)は、消費者が購入するモノやサービスなどの物価の動きを把握するための統計指標。値動きが激しい生鮮食品を除いたものをコアCPI、食料(酒類を除く)とエネルギーを除いて算出した指数をコアコアCPIという。米労働省労働統計局が毎月発表する。
2021.02.26

ドルインデックス

×

米期待インフレ率

(%)
用語説明
米・期待インフレ率は、市場が推測する将来に対する期待インフレ率であり、ブレークイーブンインフレ率(Break Even Inflation rate、略:「BEI」)ともいう。期待インフレ率≒長期金利-実質金利の関係が成立し、コモディティ価格や為替レートに関係することがある。
2021.02.26

ドルインデックス

×

米生産者物価

(%)
用語説明
米・生産者物価指数(Producer Price Index)は、日本の企業物価指数に相当し、1982年を100とし、米国内製造業者の約1万品の販売品目について、価格を測定した指数。原材料、中間財、完成財の3段階で測定され、消費者物価か指数(CPI)と合わせてインフレ状況を把握するために活用される。米労働省労働統計局が毎月発表する。
2021.02.26

ドルインデックス

×

米実質金利

(%)
計算式
米実質金利=米名目金利-米予想インフレ率
用語説明
米実質金利は、米名目金利から米予想インフレ率を差し引いたもの。インフレ によって貨幣価値が低下する場合、名目利子率は実質利子率と期待インフレ率を合算したものに一致する必要があるという考え方に基づく。アメリカの経済学者、アーヴィング・フィッシャーが提唱したことから、物価上昇から生じるインフレ期待が名目利子率に織り込まれる効果のことをフィッシャー効果と呼ぶ。
2021.02.26

ドルインデックス

×

米2年債

(%)
計算式
米2年国債利回り={表面利率+(額面金額-購入価格)÷残存期間}÷購入価格×100
用語説明
米2年債は、アメリカの償還期限2年の既発債の利回り。市中金利であり、日々変動する。債券価格と利回りは逆相関関係にあり、債券が買われると価格が上昇し、金利は低下する。債券が売られると価格が下落し、金利は上昇する。
2021.02.26

ドルインデックス

×

米10年債

(%)
計算式
米10年国債利回り={表面利率+(額面金額-購入価格)÷残存期間}÷購入価格×100
用語説明
米10年債は、アメリカの償還期限10年の既発債の利回り。市中金利であり、日々変動する。債券価格と利回りは逆相関関係にあり、債券が買われると価格が上昇し、金利は低下する。債券が売られると価格が下落し、金利は上昇する。
2021.02.26

ドルインデックス

×

米30年債

(%)
計算式
米30年国債利回り={表面利率+(額面金額-購入価格)÷残存期間}÷購入価格×100
用語説明
米30年債は、アメリカの償還期限30年の既発債の利回り。市中金利であり、日々変動する。債券価格と利回りは逆相関関係にあり、債券が買われると価格が上昇し、金利は低下する。債券が売られると価格が下落し、金利は上昇する。
2021.02.26

ドルインデックス

×

米ハイイールド債

(%)
用語説明
米ハイイールド債は、アメリカの投資適格社債(IG債)に比べ、信用力が低い一為利回りが高くい債券のこと。AAA格からBBB格までの格付を付与されたものが投資適格社債、 BB格以下の格付を持つ債券がハイイールド債という。
2021.02.26

ドルインデックス

×

米AAA債

(%)
用語説明
米AAA債は、アメリカの投資適格社債(IG債)の中でAAAの格付けを持つ債券のこと。
2021.02.26

ドルインデックス

×

米失業率

(%)
2021.02.26

ドルインデックス

×

NYダウ

($)
用語説明
NYダウ平均株価(DJI)は、S&P ダウ・ジョーンズ・インデックスが、アメリカの代表的な銘柄で構成される株価平均型の株価指数である。ダウ工業株30種平均の他に「ダウ輸送株20種平均」「ダウ公共株15種平均」「ダウ総合65種平均」がある。
2021.02.26

ドルインデックス

×

NASDAQ

(pt)
用語説明
ナスダック総合指数は、アメリカの全米証券業協会(NASD)が開設・運営しているNASDAQに上場している3,000以上の銘柄の全てを対象に、時価総額加重平均で算出した株式指数である。NASDAQには、1990年代後半以降、マイクロソフト、グーグルハイテク関連企業が数多く上場しており、ハイテクやインターネット関連業界の動向を窺う上での重要な指標となっている。
2021.02.26

ドルインデックス

×

Russell2000

($)
用語説明
ラッセル2000は、アメリカの代表的な小型株指数である。米ラッセルインベストメント社が1984年に開発した。ニューヨーク証券取引所やNASDAQなどに上場している銘柄のうち、時価総額の上位3000銘柄が指数化されたラッセル3000の銘柄のうち、時価総額の上位1000銘柄を指数化したラッセル1000、時価総額の上位1001位から3000位までの銘柄を指数化したものをラッセル2000という。浮動株調整後の時価総額加重平均型の株式指数である。
2021.02.26

ドルインデックス

×

SOX指数

($)
用語説明
フィラデルフィア半導体株指数(SOX)は、アメリカのフィラデルフィア証券取引所が算出・公表する、半導体の設計、流通、製造、販売に従事する30銘柄(インテル、クアルコム、AMDなど)の株式で構成される単純平均株価指数である。フィラデルフィア半導体株指数(SOX)は1993年12月1日に200の基準値で始まり、1995年7月24日に2対1で分割された。
2021.02.26

ドル名目為替レート

×

ドル実質実効為替レート

($)
($)
計算式
ドル実質実効為替レート=名目実効為替レートーインフレ率)
用語説明
実質実効為替レートは、相手国・地域の貿易額で加重平均して算出した名目実効為替レートから物価変動分を除いたもの。ドルの相対的な実力を測るための総合的な指標。公表期間:月次
2021.02.26

ドル名目為替レート

×

日本円/米ドル

($)
($)
用語説明
日本円/米ドルは、円建て米ドルの為替レート。
2021.02.26

ドル名目為替レート

×

米消費者物価

($)
用語説明
米・消費者物価指数(Consumer Price Index)は、消費者が購入するモノやサービスなどの物価の動きを把握するための統計指標。値動きが激しい生鮮食品を除いたものをコアCPI、食料(酒類を除く)とエネルギーを除いて算出した指数をコアコアCPIという。米労働省労働統計局が毎月発表する。
2021.02.26

ドル名目為替レート

×

米期待インフレ率

($)
(%)
用語説明
米・期待インフレ率は、市場が推測する将来に対する期待インフレ率であり、ブレークイーブンインフレ率(Break Even Inflation rate、略:「BEI」)ともいう。期待インフレ率≒長期金利-実質金利の関係が成立し、コモディティ価格や為替レートに関係することがある。
2021.02.26

ドル名目為替レート

×

米生産者物価

($)
(%)
用語説明
米・生産者物価指数(Producer Price Index)は、日本の企業物価指数に相当し、1982年を100とし、米国内製造業者の約1万品の販売品目について、価格を測定した指数。原材料、中間財、完成財の3段階で測定され、消費者物価か指数(CPI)と合わせてインフレ状況を把握するために活用される。米労働省労働統計局が毎月発表する。
2021.02.26

ドル名目為替レート

×

米実質金利

($)
(%)
計算式
米実質金利=米名目金利-米予想インフレ率
用語説明
米実質金利は、米名目金利から米予想インフレ率を差し引いたもの。インフレ によって貨幣価値が低下する場合、名目利子率は実質利子率と期待インフレ率を合算したものに一致する必要があるという考え方に基づく。アメリカの経済学者、アーヴィング・フィッシャーが提唱したことから、物価上昇から生じるインフレ期待が名目利子率に織り込まれる効果のことをフィッシャー効果と呼ぶ。
2021.02.26

ドル名目為替レート

×

米2年債

($)
(%)
計算式
米2年国債利回り={表面利率+(額面金額-購入価格)÷残存期間}÷購入価格×100
用語説明
米2年債は、アメリカの償還期限2年の既発債の利回り。市中金利であり、日々変動する。債券価格と利回りは逆相関関係にあり、債券が買われると価格が上昇し、金利は低下する。債券が売られると価格が下落し、金利は上昇する。
2021.02.26

ドル名目為替レート

×

米10年債

($)
(%)
計算式
米10年国債利回り={表面利率+(額面金額-購入価格)÷残存期間}÷購入価格×100
用語説明
米10年債は、アメリカの償還期限10年の既発債の利回り。市中金利であり、日々変動する。債券価格と利回りは逆相関関係にあり、債券が買われると価格が上昇し、金利は低下する。債券が売られると価格が下落し、金利は上昇する。
2021.02.26

ドル名目為替レート

×

米30年債

($)
(%)
計算式
米30年国債利回り={表面利率+(額面金額-購入価格)÷残存期間}÷購入価格×100
用語説明
米30年債は、アメリカの償還期限30年の既発債の利回り。市中金利であり、日々変動する。債券価格と利回りは逆相関関係にあり、債券が買われると価格が上昇し、金利は低下する。債券が売られると価格が下落し、金利は上昇する。
2021.02.26

ドル名目為替レート

×

米ハイイールド債

($)
(%)
用語説明
米ハイイールド債は、アメリカの投資適格社債(IG債)に比べ、信用力が低い一為利回りが高くい債券のこと。AAA格からBBB格までの格付を付与されたものが投資適格社債、 BB格以下の格付を持つ債券がハイイールド債という。
2021.02.26

ドル名目為替レート

×

米AAA債

($)
(%)
用語説明
米AAA債は、アメリカの投資適格社債(IG債)の中でAAAの格付けを持つ債券のこと。
2021.02.26

ドル名目為替レート

×

米失業率

($)
(%)
2021.02.26

ドル名目為替レート

×

NYダウ

($)
($)
用語説明
NYダウ平均株価(DJI)は、S&P ダウ・ジョーンズ・インデックスが、アメリカの代表的な銘柄で構成される株価平均型の株価指数である。ダウ工業株30種平均の他に「ダウ輸送株20種平均」「ダウ公共株15種平均」「ダウ総合65種平均」がある。
2021.02.26

ドル名目為替レート

×

NASDAQ

($)
(pt)
用語説明
ナスダック総合指数は、アメリカの全米証券業協会(NASD)が開設・運営しているNASDAQに上場している3,000以上の銘柄の全てを対象に、時価総額加重平均で算出した株式指数である。NASDAQには、1990年代後半以降、マイクロソフト、グーグルハイテク関連企業が数多く上場しており、ハイテクやインターネット関連業界の動向を窺う上での重要な指標となっている。
2021.02.26

ドル名目為替レート

×

Russell2000

($)
($)
用語説明
ラッセル2000は、アメリカの代表的な小型株指数である。米ラッセルインベストメント社が1984年に開発した。ニューヨーク証券取引所やNASDAQなどに上場している銘柄のうち、時価総額の上位3000銘柄が指数化されたラッセル3000の銘柄のうち、時価総額の上位1000銘柄を指数化したラッセル1000、時価総額の上位1001位から3000位までの銘柄を指数化したものをラッセル2000という。浮動株調整後の時価総額加重平均型の株式指数である。
2021.02.26

ドル名目為替レート

×

SOX指数

($)
($)
用語説明
フィラデルフィア半導体株指数(SOX)は、アメリカのフィラデルフィア証券取引所が算出・公表する、半導体の設計、流通、製造、販売に従事する30銘柄(インテル、クアルコム、AMDなど)の株式で構成される単純平均株価指数である。フィラデルフィア半導体株指数(SOX)は1993年12月1日に200の基準値で始まり、1995年7月24日に2対1で分割された。
2021.02.26

ドル実質実効為替レート

×

日本円/米ドル

($)
($)
用語説明
日本円/米ドルは、円建て米ドルの為替レート。
2021.02.26

ドル実質実効為替レート

×

米消費者物価

($)
用語説明
米・消費者物価指数(Consumer Price Index)は、消費者が購入するモノやサービスなどの物価の動きを把握するための統計指標。値動きが激しい生鮮食品を除いたものをコアCPI、食料(酒類を除く)とエネルギーを除いて算出した指数をコアコアCPIという。米労働省労働統計局が毎月発表する。
2021.02.26

ドル実質実効為替レート

×

米期待インフレ率

($)
(%)
用語説明
米・期待インフレ率は、市場が推測する将来に対する期待インフレ率であり、ブレークイーブンインフレ率(Break Even Inflation rate、略:「BEI」)ともいう。期待インフレ率≒長期金利-実質金利の関係が成立し、コモディティ価格や為替レートに関係することがある。
2021.02.26

ドル実質実効為替レート

×

米生産者物価

($)
(%)
用語説明
米・生産者物価指数(Producer Price Index)は、日本の企業物価指数に相当し、1982年を100とし、米国内製造業者の約1万品の販売品目について、価格を測定した指数。原材料、中間財、完成財の3段階で測定され、消費者物価か指数(CPI)と合わせてインフレ状況を把握するために活用される。米労働省労働統計局が毎月発表する。
2021.02.26

ドル実質実効為替レート

×

米実質金利

($)
(%)
計算式
米実質金利=米名目金利-米予想インフレ率
用語説明
米実質金利は、米名目金利から米予想インフレ率を差し引いたもの。インフレ によって貨幣価値が低下する場合、名目利子率は実質利子率と期待インフレ率を合算したものに一致する必要があるという考え方に基づく。アメリカの経済学者、アーヴィング・フィッシャーが提唱したことから、物価上昇から生じるインフレ期待が名目利子率に織り込まれる効果のことをフィッシャー効果と呼ぶ。
2021.02.26

ドル実質実効為替レート

×

米2年債

($)
(%)
計算式
米2年国債利回り={表面利率+(額面金額-購入価格)÷残存期間}÷購入価格×100
用語説明
米2年債は、アメリカの償還期限2年の既発債の利回り。市中金利であり、日々変動する。債券価格と利回りは逆相関関係にあり、債券が買われると価格が上昇し、金利は低下する。債券が売られると価格が下落し、金利は上昇する。
2021.02.26

ドル実質実効為替レート

×

米10年債

($)
(%)
計算式
米10年国債利回り={表面利率+(額面金額-購入価格)÷残存期間}÷購入価格×100
用語説明
米10年債は、アメリカの償還期限10年の既発債の利回り。市中金利であり、日々変動する。債券価格と利回りは逆相関関係にあり、債券が買われると価格が上昇し、金利は低下する。債券が売られると価格が下落し、金利は上昇する。
2021.02.26

ドル実質実効為替レート

×

米30年債

($)
(%)
計算式
米30年国債利回り={表面利率+(額面金額-購入価格)÷残存期間}÷購入価格×100
用語説明
米30年債は、アメリカの償還期限30年の既発債の利回り。市中金利であり、日々変動する。債券価格と利回りは逆相関関係にあり、債券が買われると価格が上昇し、金利は低下する。債券が売られると価格が下落し、金利は上昇する。
2021.02.26

ドル実質実効為替レート

×

米ハイイールド債

($)
(%)
用語説明
米ハイイールド債は、アメリカの投資適格社債(IG債)に比べ、信用力が低い一為利回りが高くい債券のこと。AAA格からBBB格までの格付を付与されたものが投資適格社債、 BB格以下の格付を持つ債券がハイイールド債という。
2021.02.26

ドル実質実効為替レート

×

米AAA債

($)
(%)
用語説明
米AAA債は、アメリカの投資適格社債(IG債)の中でAAAの格付けを持つ債券のこと。
2021.02.26

ドル実質実効為替レート

×

米失業率

($)
(%)
2021.02.26

ドル実質実効為替レート

×

NYダウ

($)
($)
用語説明
NYダウ平均株価(DJI)は、S&P ダウ・ジョーンズ・インデックスが、アメリカの代表的な銘柄で構成される株価平均型の株価指数である。ダウ工業株30種平均の他に「ダウ輸送株20種平均」「ダウ公共株15種平均」「ダウ総合65種平均」がある。
2021.02.26

ドル実質実効為替レート

×

NASDAQ

($)
(pt)
用語説明
ナスダック総合指数は、アメリカの全米証券業協会(NASD)が開設・運営しているNASDAQに上場している3,000以上の銘柄の全てを対象に、時価総額加重平均で算出した株式指数である。NASDAQには、1990年代後半以降、マイクロソフト、グーグルハイテク関連企業が数多く上場しており、ハイテクやインターネット関連業界の動向を窺う上での重要な指標となっている。
2021.02.26

ドル実質実効為替レート

×

Russell2000

($)
($)
用語説明
ラッセル2000は、アメリカの代表的な小型株指数である。米ラッセルインベストメント社が1984年に開発した。ニューヨーク証券取引所やNASDAQなどに上場している銘柄のうち、時価総額の上位3000銘柄が指数化されたラッセル3000の銘柄のうち、時価総額の上位1000銘柄を指数化したラッセル1000、時価総額の上位1001位から3000位までの銘柄を指数化したものをラッセル2000という。浮動株調整後の時価総額加重平均型の株式指数である。
2021.02.26

ドル実質実効為替レート

×

SOX指数

($)
($)
用語説明
フィラデルフィア半導体株指数(SOX)は、アメリカのフィラデルフィア証券取引所が算出・公表する、半導体の設計、流通、製造、販売に従事する30銘柄(インテル、クアルコム、AMDなど)の株式で構成される単純平均株価指数である。フィラデルフィア半導体株指数(SOX)は1993年12月1日に200の基準値で始まり、1995年7月24日に2対1で分割された。
2021.02.26

日本円/米ドル

×

米消費者物価

($)
用語説明
米・消費者物価指数(Consumer Price Index)は、消費者が購入するモノやサービスなどの物価の動きを把握するための統計指標。値動きが激しい生鮮食品を除いたものをコアCPI、食料(酒類を除く)とエネルギーを除いて算出した指数をコアコアCPIという。米労働省労働統計局が毎月発表する。
2021.02.26

日本円/米ドル

×

米期待インフレ率

($)
(%)
用語説明
米・期待インフレ率は、市場が推測する将来に対する期待インフレ率であり、ブレークイーブンインフレ率(Break Even Inflation rate、略:「BEI」)ともいう。期待インフレ率≒長期金利-実質金利の関係が成立し、コモディティ価格や為替レートに関係することがある。
2021.02.26

日本円/米ドル

×

米生産者物価

($)
(%)
用語説明
米・生産者物価指数(Producer Price Index)は、日本の企業物価指数に相当し、1982年を100とし、米国内製造業者の約1万品の販売品目について、価格を測定した指数。原材料、中間財、完成財の3段階で測定され、消費者物価か指数(CPI)と合わせてインフレ状況を把握するために活用される。米労働省労働統計局が毎月発表する。
2021.02.26

日本円/米ドル

×

米実質金利

($)
(%)
計算式
米実質金利=米名目金利-米予想インフレ率
用語説明
米実質金利は、米名目金利から米予想インフレ率を差し引いたもの。インフレ によって貨幣価値が低下する場合、名目利子率は実質利子率と期待インフレ率を合算したものに一致する必要があるという考え方に基づく。アメリカの経済学者、アーヴィング・フィッシャーが提唱したことから、物価上昇から生じるインフレ期待が名目利子率に織り込まれる効果のことをフィッシャー効果と呼ぶ。
2021.02.26

日本円/米ドル

×

米2年債

($)
(%)
計算式
米2年国債利回り={表面利率+(額面金額-購入価格)÷残存期間}÷購入価格×100
用語説明
米2年債は、アメリカの償還期限2年の既発債の利回り。市中金利であり、日々変動する。債券価格と利回りは逆相関関係にあり、債券が買われると価格が上昇し、金利は低下する。債券が売られると価格が下落し、金利は上昇する。
2021.02.26

日本円/米ドル

×

米10年債

($)
(%)
計算式
米10年国債利回り={表面利率+(額面金額-購入価格)÷残存期間}÷購入価格×100
用語説明
米10年債は、アメリカの償還期限10年の既発債の利回り。市中金利であり、日々変動する。債券価格と利回りは逆相関関係にあり、債券が買われると価格が上昇し、金利は低下する。債券が売られると価格が下落し、金利は上昇する。
2021.02.26

日本円/米ドル

×

米30年債

($)
(%)
計算式
米30年国債利回り={表面利率+(額面金額-購入価格)÷残存期間}÷購入価格×100
用語説明
米30年債は、アメリカの償還期限30年の既発債の利回り。市中金利であり、日々変動する。債券価格と利回りは逆相関関係にあり、債券が買われると価格が上昇し、金利は低下する。債券が売られると価格が下落し、金利は上昇する。
2021.02.26

日本円/米ドル

×

米ハイイールド債

($)
(%)
用語説明
米ハイイールド債は、アメリカの投資適格社債(IG債)に比べ、信用力が低い一為利回りが高くい債券のこと。AAA格からBBB格までの格付を付与されたものが投資適格社債、 BB格以下の格付を持つ債券がハイイールド債という。
2021.02.26

日本円/米ドル

×

米AAA債

($)
(%)
用語説明
米AAA債は、アメリカの投資適格社債(IG債)の中でAAAの格付けを持つ債券のこと。
2021.02.26

日本円/米ドル

×

米失業率

($)
(%)
2021.02.26

日本円/米ドル

×

NYダウ

($)
($)
用語説明
NYダウ平均株価(DJI)は、S&P ダウ・ジョーンズ・インデックスが、アメリカの代表的な銘柄で構成される株価平均型の株価指数である。ダウ工業株30種平均の他に「ダウ輸送株20種平均」「ダウ公共株15種平均」「ダウ総合65種平均」がある。
2021.02.26

日本円/米ドル

×

NASDAQ

($)
(pt)
用語説明
ナスダック総合指数は、アメリカの全米証券業協会(NASD)が開設・運営しているNASDAQに上場している3,000以上の銘柄の全てを対象に、時価総額加重平均で算出した株式指数である。NASDAQには、1990年代後半以降、マイクロソフト、グーグルハイテク関連企業が数多く上場しており、ハイテクやインターネット関連業界の動向を窺う上での重要な指標となっている。
2021.02.26

日本円/米ドル

×

Russell2000

($)
($)
用語説明
ラッセル2000は、アメリカの代表的な小型株指数である。米ラッセルインベストメント社が1984年に開発した。ニューヨーク証券取引所やNASDAQなどに上場している銘柄のうち、時価総額の上位3000銘柄が指数化されたラッセル3000の銘柄のうち、時価総額の上位1000銘柄を指数化したラッセル1000、時価総額の上位1001位から3000位までの銘柄を指数化したものをラッセル2000という。浮動株調整後の時価総額加重平均型の株式指数である。
2021.02.26