ドル名目為替レート

名目実効為替レートは、ドルの相対的な実力を測るための総合的な指標。相手国・地域の貿易額で加重平均して算出したもの。公表期間:日次

ドル名目為替レート

×

米期待インフレ率

($)
(%)
用語説明
米・期待インフレ率は、市場が推測する将来に対する期待インフレ率であり、ブレークイーブンインフレ率(Break Even Inflation rate、略:「BEI」)ともいう。期待インフレ率≒長期金利-実質金利の関係が成立し、コモディティ価格や為替レートに関係することがある。
2021.02.26

ドル名目為替レート

×

ドルインデックス

($)
用語説明
ドルインデックス(Dollar Index)は、インターコンチネンタル取引所(ICE)のドルインデックス。6通貨の加重平均でリアルタイムに算出。 対象通貨(加重平均比率)は、 ユーロ(57.6%) 日本円(13.6%) スターリング・ポンド(11.9%) カナダドル(9.1%) スウェーデン・クローナ(4.2%) スイス・フラン(3.6%)
2021.02.26

ドル名目為替レート

×

米10年債

($)
(%)
計算式
米10年国債利回り={表面利率+(額面金額-購入価格)÷残存期間}÷購入価格×100
用語説明
米10年債は、アメリカの償還期限10年の既発債の利回り。市中金利であり、日々変動する。債券価格と利回りは逆相関関係にあり、債券が買われると価格が上昇し、金利は低下する。債券が売られると価格が下落し、金利は上昇する。
2021.02.26

ドル名目為替レート

×

米実質金利

($)
(%)
計算式
米実質金利=米名目金利-米予想インフレ率
用語説明
米実質金利は、米名目金利から米予想インフレ率を差し引いたもの。インフレ によって貨幣価値が低下する場合、名目利子率は実質利子率と期待インフレ率を合算したものに一致する必要があるという考え方に基づく。アメリカの経済学者、アーヴィング・フィッシャーが提唱したことから、物価上昇から生じるインフレ期待が名目利子率に織り込まれる効果のことをフィッシャー効果と呼ぶ。
2021.02.26

ドル名目為替レート

×

米ドル/日本円

($)
(¥)
用語説明
米ドル/日本円は、ドル建て日本円の為替レート。
2021.02.26

ドル名目為替レート

×

ドル実質実効為替レート

($)
($)
計算式
ドル実質実効為替レート=名目実効為替レートーインフレ率)
用語説明
実質実効為替レートは、相手国・地域の貿易額で加重平均して算出した名目実効為替レートから物価変動分を除いたもの。ドルの相対的な実力を測るための総合的な指標。公表期間:月次
2021.02.26

ドル名目為替レート

×

金先物

($)
($)
用語説明
金先物は、シカゴ・マーカンタイル取引所で取引される金(Gold)を対象とした先物取引の価格のこと。金は安全資産とされ、景気後退時や停滞時に選考されドルインデックスと逆相関の傾向があるとされる。金はコモディティの一種としてそれ自体の価値を持つため投資対象として考慮される一方、債券と異なり金利はない。通貨価値が下落し実質金利が低い場合に選考されやすい。
2021.02.26

ドル名目為替レート

×

銅先物

($)
($)
用語説明
銅先物は、シカゴ・マーカンタイル取引所で取引される銅(Copper)の先物取引の価格のこと。機械や住宅などに銅線が利用されることから銅の需要動向が経済活動を反映しやすいため、景気の先行指標として利用されることがある。銅価格が上昇すると景気が回復し、下落すると減速していると判断するわけだ。景気の状況を診断しやすいことから「ドクター・カッパー」と言われる。
2021.02.26

ドル名目為替レート

×

WTI原油先物

($)
($)
用語説明
ウエスト・テキサス・インターミディエート(WTI)は、テキサス州とニューメキシコ州を中心に産出される硫黄分の少ない高品質な原油の総称。先物としてニューヨークマーカンタイル取引所(NYMEX)において取引されている。
2021.02.26

ドル名目為替レート

×

ビットコイン先物

($)
($)
用語説明
ビットコイン先物は、ビットコインを対象とした先物取引の価格のこと。先物取引とは将来の定められた期日までに売買することを約束した取引であり、期限のない現物取引とは価格などが異なる。
2021.02.26